リスクを認識する事|インターネットの移転は引っ越しで最も悩ましい事|業者で現状打破

インターネットの移転は引っ越しで最も悩ましい事|業者で現状打破

メンズ

リスクを認識する事

ファイル

認識をきちんと持つこと

ビジネス上でファイル送信を行う事は日常的です。メールなどを使用している場合、ファイルを添付して送信することはよく使用されます。しかしメールは簡単に送信できてしまう事もあり、注意深く見ていないと誤送信を招くリスクも秘めているのです。一度送信したメールを取り消すこともできますが、相手が開封したのちには、これを行う事はできません。そのため、送信前に誤送信を未然に防ぐ手立てが必要になるのです。特にビジネスの場面でもファイル送信の誤送信はトラブルに発展することも想定されますので特に慎重に行わなければなりません。目視を送信の都度行う事が最も基本的なチェック方法ですが、人間の目は完全ではありません。そのため機械の力を借りることも大事です。

機械のチェック機能を使用

メールソフトには様々な機能が搭載されています。その中には誤送信を防止する為の機能もあります。積極的に導入することが大事なポイントです。まず添付ファイルに、パスワードがかかっているかの確認です。これは送信前に添付ファイルを開く仕様にすることで気づくことができます。更に、送信前に宛先アラートを出すこともできます。これは、送信しても大丈夫かをアラートメッセージ形式で出力させ、二段階で送信する仕様です。これにより再度チェックをすることが心がけられるのです。もちろんチェック機能があるからといって目視を蔑ろにしてはなりません。ファイル送信を行っているという認識を都度持ってファイル送信を行う姿勢が何より大事なのです。